健康住宅の研修

健康住宅の研修

9日は、先週福岡にお伺いしましたカイケンコーポレーションの浦上社長がお忙しい中、富山、船橋経由で我社に寄ってくださいました。そして、久野設計さん と社員14名で研修をさせて頂きました。福岡に行った四名は体験済みのため社長のお話が良く理解出来ましたが、初めて聞く人には、なかなか理解しにくい様 です。私も初めて聞いた時は信じられませでした。ですが、私はこの幻の漆喰と音響熟成木材と竹炭入り清活畳なら騙されて本望と思いました。そして、九州に 行き目で見て、臭いを嗅いで、触れてみて納得しました。これからは、自分達で使用して確信に変えていきたいと思います。また、展示場の一部ですが採用して ますので徐々に報告していきたいと思います。和室二間、二階トイレで幻の漆喰を塗ってますので、締め切って空気中のVOC濃度やホルムアルデヒドの測定を 行う予定です。より厳しい条件で測定していきたいと思います。最後に浦上社長のお話を聞きまして、改めて日本の空気環境の制度はザル法だと思いました。換 気さえすれば、Fフォースターをいくらでも使って良いとはとても危険な事です。ホルムアルデヒド以外の化学物質には一切触れてない訳ですから、また、私た ちは問題が大きくなる迄、人体実験をさせられ続ける訳です。皆さんその時では遅いんですよ!私たちと一緒に勉強していきましょうね。
scroll-to-top