全日本不動産協会 総会

全日本不動産協会
今日は、恒例の全日本不動産協会の総会を、茨城県開発公社ビルで午前中行われ、無事事業報告と19年度の事業内容について承認されました。その後、午後か らは、茨城県土木部都市局建築指導課 課長補佐 長島卓也氏より宅地建物取引業法の留意事項と重要事項の説明について講演があり、続きまして、茨城県保健福祉部長寿福祉課 桜の郷整備推進室 室長 鈴木 康史氏より「桜の郷みなみ台」の宅地分譲について説明がありました。室長は今現在は県職員ですが、その前の20年ほど民間住宅会社で働いていたそうで、街 造りの仕事がしたくて転職したそうです。さて、桜の郷は、ユニバーサルデザインのまちをテーマにしてますので、歩道も歩きやすく、バスの乗り降りもしやす いノンステップバスも運行されています。水戸医療センターや健康・保健福祉施設等とも近く、お子様からお年寄りまで安心して暮らせる街だそうです。イサカ ホームでも是非街並みに加えて頂きたいと思います。室長に会いに県庁13階迄お伺いしますのでよろしくお願いします。室長は県の予算であります血税を極力 使わず、また、利益優先でなく分譲していくには、民間の感覚が絶対必要だとおっしゃられていました。その通りだと私も思っています。これからは、私共もお 役に立てますよう頑張りたいと思います。最後は不動産事務所のアイデア実例集のビデオを見て終了しました。
scroll-to-top