住まいの発見館訪問

住まいの発見館訪問
昨日は、千葉県山武市にあります、住まいの発見館と云う地場密着で、不動産事業とこだわりの注文住宅に取り組まれてます会社に訪問致しました。この会社と は同時期にカスタムハウジング加盟していたり、BEハウスで交流が有ったりとで情報交換させて頂いている会社です。今回は、発見館のショールームや工事中 の現場、分譲地、モデルハウスの体験宿泊館等の見学をさせて頂き、さらに一番の目的はNPO環境問題総合研究会の先輩会社ですので、新築現場でVOCとホ ルムを採取する現場を見学させて頂く事でした。まず最初に室内を30分以上換気をし、扉と云う扉を全部開放した後、空気測定器をデーターを取る室の中央に 設置し、データー用活性炭チューブを挿入し、部屋の空気を圧力をかけながらてデーター用活性炭チューブに送ります。そして、待つ事30分で測定が終了し、 その後速やかに、本体から外し保存袋に入れクーラーパックに保存し、クール便でNPO本部に送り分析してすると云う手順で行うそうです。文字だけでは解ら ないかと思いますので清野部長のブログで写真も含めて説明させて頂きますのでそちらをお楽しみにしてください。と云う事で大変勉強になりました。これから も、お互い切磋琢磨しより高いレベルでの前向きな情報交換をして行きましょう。大沢常務の住宅への取り組みの熱さを十分感じました。若くて、いい目をして ますよ!真剣さが伝わってきました。家造りについての話は尽きないで次回会うことを楽しみに帰ってきました。とても有意義な一日でした。最後に、海の見え る素敵なレストランでのお食事ご馳走様でした。自社建築のレストランだそうで、凄い人気のようですね。とても美味しかったですよ。小川社長ありがとうござ いました。
scroll-to-top