耐熱塗料との出会い

株式会社日進産業さんに訪問
昨日は、建材市場本部の相坂社長の強い薦めで、東京に本社を置きます、株式会社日進産業さんに訪問しました。ショールームには色々な実験物がありまして、 驚きの連続でした。金属板にガイナと云う特殊セラミックを塗布したものは熱して90度位でも触って火傷をしません。同じ状態でただの金属板は熱くて触れる ことさえ出来ません。同じに温めて10度位の差しか有りませんが、温度の差以上の体感がある事に驚きました。また、手の平はセンサーだと教えて頂きまし た、確かに人間は危険を感知する機能を生れ付き持っていて、低温火傷や高温による火傷等から身を護るように出来ているみたいですね!人間の機能は素晴らし い科学で出来ていると思います。また、断熱住宅の課題などもお話くださり、それを解決する素材にこのガイナはなる可能性が大きい事も解りました。とにかく 宇宙航空研究開発機構JAXAが認めたガイナは塗るだけで断熱、遮熱、結露防止、防音、防汚、空気質改善、など15項目に及ぶ機能を発揮するすぐれものだ そうです。早速事務所の屋根を塗装して温度の変化をお知らせしますね!また、写真の中央がナイスリフォーム社長の柏木さん、右側が日進産業社長の石子さ ん、左側が相坂社長でした。それにしても石子社長のノウハウは凄い、今後ともご指導宜しくお願いします。
scroll-to-top