今年最後のご挨拶まわり

20071231233506

200712312335052

20071231233505

お世話になっている皆さんの家を、ご近所を中心にまわりました。本来ならすべてのお客様宅を訪問するべきですが、現実は時間が足りません!お許しくださ い。では訪問させて頂きましたお客様の声を報告させて頂きます。旧友部町でブログにも何度か登場してもらっている家の生活ぶりからいきます。先ずご主人の 職業ですが、県の土木事務所の建築関係の職場で、一級建築士です。そして、高校の三年間、私の後ろの席で、私をテストの度に救ってくれた恩人です。と云う 事で、色々なデータを採っています。最初に、外気温と小屋裏と寝室の温度の関係です。次に、アパート時代とオール電化で45坪四人家族の全てのランニング コストの比較等です。詳しい解説は来年にしますが、少し触れておきます。家の特徴は、外断熱は当然で、二階屋根に電動トップライトと寝室にバルコニーとは 別に低い窓がありとても気持ち良い風が入ってくるそうです。また、立地的にも高台で回りは田んぼに囲まれていて、田んぼの上を渡ってくる風はとても涼しい そうです。エアコンは四回使っただけで、特に我慢したわけではなく、電気代は7月が四千八百円8月が五千五百円です。蓄熱暖房を使う冬のピークで二万円で 真冬以外は七千円前後ですから料理しているの?とかお風呂入っているの?等と失礼な事を云う人さえいるそうです。やはり、それには色々工夫をしているそう で、洗濯、掃除、炊飯等、出来るだけ深夜料金の時間帯の11時から朝の7時迄にすませるよう努力しているそうです。その様な積み重ねが経済的にもエコな生 活を支えているのですね!それでいて、不便や不快感は無いそうで、とても快適だと話してくれました。機会があれば、これから家を計画中の人に直接話しても はいいですよ!プロの立場でもアドバイスしますよ!と言ってくれました。色々な拘りを追求する人には分かってもらえるけど、若い人達でデザインとかコマー シャル等で決める人には向かないね!マニアックな家造りしてるもんね!とも言われました。確かに素材選びの基準は長期的な耐久性であり、分かりやすい合理 的で華やかさを追求してないですからね!住んでいただけは分かるんですけどね。一件分で長くなりましたので、終わりにさせてください!来年になっちゃいま すから。飛び飛びのブログにお付き合い頂きました皆さんありがとうございました。また、本年も沢山のお客様と出会えた事に感謝致します。来年もより一層の 精進努力し、より良い家造り目指し頑張ります!どうぞ宜しくお願いします。
scroll-to-top