水戸・笠間新築注文住宅コラムvol.11 良い新築とは何か?part.1

d87bd6993107083b548ff19e8bfadf8e_s
イサカホームの新築注文住宅事業部、水戸・笠間店の柴田です。
本日は水戸・笠間で新築注文住宅をお考えの方に、良い新築とは何か」についてお伝えします。

今から、水戸・笠間で新築注文住宅を建てようと思うと、多くの不安が出てくるかと思います。
水戸・笠間で新築注文住宅を建てるのに、「何から手を付ければいいのかわからない」という状態になってしまっていませんか?
水戸・笠間で新築注文住宅を建てることは、 ほとんどの方が生涯で一番の大きな買い物になると思いますので、絶対に後悔はしたくないものですよね。

実際に新築注文住宅を建てたいと考えても、どのような新築注文住宅を建てたら良いか、どこの住宅会社で建てたらいいかは、なかなかわからないと思います。
そこで、今回は「良い新築とは何か」についてお話していきたいと思います。
98b7580b3149413b036f6ed1a29271ab_s1
良い新築とは何か
茨城県にお住まいの皆様に是非知っておいて頂きたい良い新築の条件というものがあります。
その条件とは、“あなたにとって丁度いい”ということです。
家を建てるにあたって大事なことが3つあります。
1.資金
2.建物
3.土地
この3つをしっかり押さえて“自分にとって丁度いい”を見つけることが良い新築注文住宅を建てるうえでは欠かせません。
それでは下記でこの3つについて考えていきましょう。
51f15704b54b6c003185634d3601798c_s
■資金について
マイホームは何のためにもつのでしょうか
あなたが、ご家族が幸せになるために持とうと思ったのではありませんか?
住宅ローンにお金を使わなかったら何に使えるのでしょうか?
多額の住宅ローンを持つとどうなってしまうのでしょうか?
あまりに高額のローンを組んでしまったら、自分や家族の趣味ややりたいことを我慢しないといけない場面があるでしょう。
自分の年収の8倍がローンを組める限界です。
しかしMAXの住宅ローンとは年収のほとんどを返済に充てたら返せるという意味の額です。それではせっかく新築注文住宅を建てても、生活が成り立ちません。
支出と収入のバランスを見て月々の返済に充てる額はいくらまでなら無理がないのか、頭金はいくら入れられるか、親からの融資は見込めるか、など様々な要素を考えたうえでどのくらいの住宅ローンを組むか決めるのがよいでしょう。


■土地について
土地を資産目的で買わないこと。
現在土地の値段はよっぽどの都会を除いて毎年下落傾向にあります。茨城県も一部の土地を除き、県全体で見ると毎年少しずつではありますが、土地の値段は下がっています。
だから資産としてではなく、家族全員のことを考えて土地を選びましょう。
子供が今小学生だからといって必ず小学校に近い土地を選ぶ必要はありません。
小学生のうちは確かに便利ですが、子どもは成長して中学生、高校生、大学生となりやがては社会人です。
家族全員の今後のことを考えて買うことが大切です。
それが飽きのこない良い新築を建てることに繋がるのです。

■建物について
自分は何を重要視するのかを考えることが大事です。
・デザイン性
・性能の高さ
・耐震性
・長期耐久性

さらに、その中でも家族の団らんスペースが大事なのか、個人がゆっくりできるスペースなのかはたまた収納力なのか
、自分にとってなにが重要なのか考えることでどんな間取りでどんな外観の建物にしたいかが見えてきます。
良い新築を建てるにあたってその部分を明確にしておくことは非常に重要です。
303024b218b5ed23ceb0e8b71f79bf38_s
そもそも新築住宅を選ぶのは正解なの?
持ち家を購入する際、新築住宅か、中古住宅か迷われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
新築住宅、中古住宅それぞれにメリットも、デメリットもあります。
ここでは、新築住宅、中古住宅それぞれののメリット、デメリットについて簡単にまとめます。

中古住宅
メリット  ・実際の住宅を確認した後に、購入するか決めることができる
      ・新築を買うよりも価格が安い
      ・新築を買うより、安く自分の好きな間取りにリフォームできるかもしれない

デメリット ・現行の耐震基準を満たしているかどうか不安がある
      ・思わぬ補修費用がかかるかもしれない
      ・リフォーム済み物件なら隠蔽された箇所がないかが心配

新築住宅
メリット  ・建物が新しく、綺麗である
      ・最新の設備が整っている
      ・地震に強く、耐久性に優れている

デメリット ・売却する際の価格の幅が大きい
      ・中古住宅よりローンがあり、簡単に引っ越しができない

中古住宅は確かに安く買うことができますが、少々昔の建物だと断熱性能などが今と比べるとどうしても落ちてしまいます。快適な住まいにするためにリフォームとなると中古住宅購入価格+リフォーム代金となり、もしかしたら新築住宅にした方が良かったとなってしまうかもしれません。
人生で一度の大きな買い物です。自分が後悔しない、満足できる選択をしましょう。




イサカホームでは営業日は毎日無料の相談会を行っています。
新築注文住宅について、土地、資金についてなど何でもご相談ください!
担当者が丁寧に対応させていただきます。
みなさまのお電話、ご来場をお待ちしております。
plan01
1,980
1,980
1,980
1,980

家づくりのステップ

step01
step02
step03
step04
step05

こちらのベース参考プランを元に理想のプランニングを設計します

快適&機能的な自分サイズのコンパクトプラン

外観・内観デザインパターン
住宅ローン支払い例
■ 建物価格
1,580 万円(税抜き)
■ 土地価格
1,580 万円(税抜き)
■ 建物価格
1,580 万円(税抜き)
■ 売電収入金額

-12,000

太陽光発電5.48kw標準搭載

住宅ローン − 売電収入金額

52,575

※金利0.65% 35年払い ※頭金0ボーナス払いなし

24坪低額制人気参考プラン

快適&機能的な自分サイズのコンパクトプラン

外観・内観デザインパターン
住宅ローン支払い例
■ 建物価格
1,580 万円(税抜き)
■ 土地価格
1,580 万円(税抜き)
■ 建物価格
1,580 万円(税抜き)
■ 売電収入金額

-12,000

太陽光発電5.48kw標準搭載

住宅ローン − 売電収入金額

52,575

※金利0.65% 35年払い ※頭金0ボーナス払いなし

24坪低額制人気参考プラン

快適&機能的な自分サイズのコンパクトプラン

外観・内観デザインパターン
住宅ローン支払い例
■ 建物価格
1,580 万円(税抜き)
■ 土地価格
1,580 万円(税抜き)
■ 建物価格
1,580 万円(税抜き)
■ 売電収入金額

-12,000

太陽光発電5.48kw標準搭載

住宅ローン − 売電収入金額

52,575

※金利0.65% 35年払い ※頭金0ボーナス払いなし

24坪低額制人気参考プラン

快適&機能的な自分サイズのコンパクトプラン

外観・内観デザインパターン
住宅ローン支払い例
■ 建物価格
1,580 万円(税抜き)
■ 土地価格
1,580 万円(税抜き)
■ 建物価格
1,580 万円(税抜き)
■ 売電収入金額

-12,000

太陽光発電5.48kw標準搭載

住宅ローン − 売電収入金額

52,575

※金利0.65% 35年払い ※頭金0ボーナス払いなし

24坪低額制人気参考プラン
scroll-to-top-2
scroll-to-top-2