お家のリフォーム(新築から38年目)システムバス編

お庭のこぶしの木

お庭にこんなに大きなこぶしの木がある笠間市I邸のリフォームが始まりました。

『今回、住宅ストック循環支援事業の対象工事も含まれますが、築何年ですか?』

『昭和54年です』

『残念です。今回対象になるのは、耐震改築されない方は、昭和56年5月31日までに新築された方なんです。』

 

というところからのお打合せスタートでした。

浴室・脱衣室

脱衣室からつづきの浴室の解体前のお写真です。

コンクリート仕上の脱衣室は、窓も無かったためかひんやりとしていました。

浴室はタイル張りのステンレスの浴槽です。当時はこのタイプがどこのお家も主流でしたね。

解体中 1492319375892

解体してみたら、浴室の床から浴室のドア枠からも水が漏れて濡れていました。

土台は全部取り替えました。抜けない柱は、新しい柱を添えました。

解体後の下地

今までは断熱材は、壁・床・天井と入っていなかったので寒かったことでしょう。

イサカホームの新築同様とはいきませんが、せめて100mmのグラスウールを充填させて頂きました。

『まだ、外壁もないのにあったかい気がする・・・』 そうおっしゃって頂きました。

浴槽も浴室も断熱タイプですが・・・浴室だけは、内壁にもグラスウール入れさせて頂きました。

浴室

システムバスが完成いたしました!

今回のご契約では、

アルミPGをアルミ樹脂複合PG(LIXIL製シンフォニー)に、

換気扇を暖房乾燥換気扇にとサービスさせていだだきました。

エコキュート

石油がまからエコキュートにかわりました。

解体前

ガスボンベも石油がまの小屋も無くなりすっきりしました。

敷地の大きいお家なのでわかりづらいかもしれませんが

風の通りも変わると思います。

 

初めてのシステムバスに入られた感想が聞きたくて、翌朝早々にご挨拶させていただきました。

『シャワーだけでも、すごく浴室が温まったから、出てきたら暑いくらいだったよ・・・

シャワーのない生活だったから、あたし達も嬉しいけど・・・子供たちが一番喜んでいると思うよ』・・・と。

段差が無くて、寒く無くて、すぐにお湯が出てきて・・・何気ない日常なのかもしれませんが、I様は、本当に

喜んで下さって、私も嬉しいです。

 

scroll-to-top